上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2010.04.10  1年経って。


このブログ、最初は高3だった私が、大学の受験結果が出る間に暇すぎて作っちゃったブログだったんですよね。
そこから浪人生活の日記というか愚痴こぼしブログに変わって今に至るわけですが。



大学生活を1年経て、少しは心の整理も出来て今だから書ける話。



私のブログ基本的に中途半端ですが、
浪人生日記
とかなんとかいっておいて、結果に関してまったく触れてないのは
大体お気づきになられるとは思うが失敗したからなんですよね。
しかも滑り方が半端じゃなくて、顔面からズルッとこけたんですよ。


私は、浪人時代の1年間精一杯勉強したつもりです。
反省してみると結構粗が目立っていてなんともいいようがないのですが。
勉強嫌いの私がよくまぁ浪人したなと自分でも思います。
何故私が浪人に至ったかというと、
目標を結構高く掲げたことに原因?があります。



そもそも私は、音大に行きたかった口なのですが。
高校1年の時に、なぜか担任の先生(数学担当)に
「お前からはピアノに対する情熱が伝わってこない」
と言われ、当時、音大に行くならピアノをもう少し頑張って練習しないととピアノの先生言われて、
色々と悩んでいた私は真に受けてしまって、挙句の果てに知恵熱まで出して悩んだ末音大を諦めたのですが。
このときのことを振り返るたびに何度も思うんだ。
なんで私は先生の言うことを真に受けてしまったんだろうって。
私がやりたかったのは、声楽でピアノではなかったんです。
勿論ピアノは必要でしたが、音大に関してまったく知識のない先生に言われたことを
真に受ける必要はなかったと自分でも思う。
私は1度決めると中々曲げられない人なので、高校時代に出来るめいいっぱいを歌につぎ込みましたが、
音大には進もうとは思いませんでした。
ピアノをもう頑張ろうと思えなくなっていたのもありますが。


中学の時から、将来は絶対音大で歌を学ぶんだと決めていた私は目標を失って
大学進学に関して、路頭に迷い始めます。
今後何をやりたいのかが全然分からなくて、やっぱりやりたいことは音楽だなと思い、
ピアノの実技がなくても入れる音楽系の大学を探し始めたり、迷走しまくります。
高2になって、歴史は好きなんじゃないかなと思い、史学系に進もうかなと思った時もありましたが。
2年の最初の日本史のテストでたたき出した点を見て、これは私に向いてないというか、
やる気ないな私と思い、断念。(ここまで多分2ヶ月w)
その後、何が好きなんだと自問自答を繰り返すうちに、PCを触るのは好きだなと思い、
文系の人間でもいける情報系の大学を探し、
そこで見つけた大学がまぁ私には不相応なレベルの大学だったんですねぇ。
でも高2だったし、いくらでも挽回できると思い、それから志望校はその大学に変わったわけですが。
勉強には全然身が入らず、むしろ、部活(コーラス)に夢中で疎かになる始末。


3年の秋になって、部活を思いっきりやりきり引退。
勿論3年になってから勉強量は増えてはいました。が、受験生にしては少なかったと思う。
秋になってから本腰を入れ始めましたが、まぁ遅いよね。
本腰を入れてからは、結構勉強したと思います。
毎日学校の図書館にぎりぎりまで籠って。家だと夜はあまり集中できなかったので朝4時に起きて勉強したり。
それでも足りないくらいですよね・・・。
成績は結構伸びました。
先生が少しは感心するくらいには。
その頃には、大学の情報集めも大分進んでいて、第2志望までは決まっていました。
ここで肝心なのが、私はこの年、2校しか大学を受けませんでした。
プライドが無駄に高く、音大を諦めた以上は、そこそこの大学に入りたいと思っていて、
第2志望までに受からなかったら浪人すると決めていて。
結局失敗して、浪人に至るのですが。


浪人生活は少しはブログに書いたので、あれなんですが
友達が出来なかったのは結構痛かったなぁと今でも少し思うww
目標は変わらず勉強を続けていたのですが、夏を終えるとやる気が急に減退したんですよね・・。
もともと勉強嫌いで、そのくせ自分の実力より上の大学を目指すものだから、ストレスが半端なくて。
体重増加も半端なかった・・・・wwwww
勉強をしなくちゃと思うのに、一向に進まないし、頭に入ってこないし。
予備校で勉強をする時間が精一杯になってて、家ではほとんど勉強ができていなかったように思う。
それでも続けたかいはあって、国語と日本史は成績が伸びてたと思われる。
しかしなぜか英語だけは一向に伸びないどころか、
下手したら高校時代より出来なくなってて、泣けた。
それでも、高校時代に目標としていた第2志望には、よっぽどのことがない限り(風邪をひいて熱があるとか)
受かるでしょうとか言われていたにもかかわらず、また失敗するのです・・・・。
そもそも第1志望は英語次第といわれていた時点で終わってるのですがww

全ての試験が終わって、結果が帰ってきて私は自分に絶望しました。
自分の力ってこの程度だったんだ・・・と思って。
1年余分に時間をもらっても結果が出せない程度なんだなぁと思って泣いたのは覚えています。
かなり落ち込んだし、大学に通う自分も想像できなかった。
GreeeeN(スペル謎)の歩みだっけ。
ちょうどこのころCMでやたらと流れていて、それ聞くたびに涙出そうになった。


私の性格の利点でもあり、欠点でもある適当さのおかげで、
いきあたりばったりでもいいやとやけくそになって、大学に行って友達が出来たことで、
大学には今楽しく通えています。
受験は失敗したけど、大学選びは間違ってなかったかなと思う。
やっぱり行きたい専攻で大学を選んだほうがやりがいもあるし、楽しいと思います。
(私のブログには欠片もその要素がない感じが否めないけどww)
うん。やたらとずらずら書いたけど、大分無駄が多いと思うけど、
ずっともやもやしてた部分なんだよね。
多分後悔があるんだと思うんだ。
あの大学に行きたかったなぁとかっていう。


だから、今でもその大学名を聞くとひがみます。←最悪w
また性格のひねくれ度に磨きがかかったんじゃないかなぁとも思うww
とりあえず、私がこの1年で色々考えないようにしてたり、考えたりしてた部分で。
どうしても浪人した1年を無駄だったという風にとらえたくなくて必死で言い訳じみたものを考えていて。
私は自分で選択した道が間違ってるという風には思えなくて。
音大を諦めるよう勧めた先生のことは今でも根に持ってますけどw
このことがなかったらと、音大に進んだ自分を想像するのは嫌だったので、
きっとピアノで苦戦して同じ道に進むことになっていたんだろうと決着をつけ、
そうなると私はやはり勉強をするしかなくて。
自分が前に進むために必要だった1年だと今は思うようにしています。
ホントは思えるくらいがいいんだろうけど。
この失敗を次に生かせるようになればいいと思う。
打たれ強さは身に着いたんではなかろうか。



このことを思い返して、涙が出てこなくなったので
自分の中ではある程度整理がついたと思います。


ということで、これから大学受験をする人とか、浪人する人とかに私は言いたい。
浪人ってすっごく大変だから!
迂闊に浪人するとか思うなよ!
覚悟をもって浪人生活を送れ!

それのみ。←
浪人生時代に、高校生が
「私、失敗したら浪人するし」
とか軽く言うのを良く耳にしたので。
私は言いたくてしかたなかったんだ。
お前ら、適当なことだけはぬかすなよ!とw

うん、なんかつながってないけどいいの。気にしない!←












・・・・・記事無駄に長くなったwwwww
ここまで読んでくださった方。
ありがとうでした!
お疲れ様ーw




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://satori1101.blog52.fc2.com/tb.php/124-8e01824b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。